Loading...

防衛的特許



特許というものは,アイデアがあって,とある特殊な作文技術があって,手数料と申請の手間暇を払いさえすれば,具体的なrunning codeが無くても取れてしまう.ナイーブなぼくは,正直これを「ズルい!」と感じるのだが,生き残っていくためには,折り合いを付けねばならないということなのだろう.



防衛的特許戦術を行使する権利を担保するものとしてのApache License Version 2







大企業、もしくはそういった生業でなければ、攻めの特許ではなく守りについての特許は視野に入れておいたほうがよいのだろう。



残念ながら、自分が思いついたアイデアがかならずしもオンリーワンではないことが多分ほとんど。でもアイデアを実現させるのは自分な分だ。前向きにいこう。
リアクション: 

コメントを投稿

ホーム item

このブログを検索

Random Posts

Popular Posts

Labels

ADS