Loading...

java アプリケーション引数の処理 - jakarta commons CLI 便利ですね。

アプリケーション引数(コマンドラインオプション)の解析です。
いまとなっては自分でつくるより、CLI(Command Line arguments parser)を使用したほうがよさげ。
調べればすぐみつかるけど、とりあえず簡単な使い方の流れ。
(1)欲しい引数を決定
(2)引数をチェック、失敗したら使い方表示
(3)引数の値をとりだして使用

おおまかにこの流れだと思う。

ライブラリは、ここから取得。

最近、まとめて更新しているようですね。

とりあえずサンプル。

import org.apache.commons.cli.CommandLine;
import org.apache.commons.cli.GnuParser;
import org.apache.commons.cli.HelpFormatter;
import org.apache.commons.cli.Option;
import org.apache.commons.cli.Options;
import org.apache.commons.cli.ParseException;


public class Aaa {

public static void main(String[] args) {
final String PARAM = "PARAM";

/*
* アプリケーション引数設定
*/
Options options = new Options();
Option optProp = new Option(PARAM, true, "説明");
optExecuteClass.setRequired(true);
options.addOption(optExecuteClass);


/*
* 引数チェック
*/
GnuParser parser = new GnuParser();
CommandLine line = null;

try{
line = parser.parse(options, args);
} catch(ParseException e){
HelpFormatter helpFormatter = new HelpFormatter();
helpFormatter.printHelp("使い方", options);
return;
}

/*
* オプションの値を取得
*/
System.out.println(line.getOptionValue(PARAM));
}
}

リアクション: 
java 4684424239320856072

コメントを投稿

ホーム item

このブログを検索

Random Posts

Popular Posts

Labels

ADS