Loading...

追随してsyntheticaにチャレンジ

Javaです。
周りでsyntheticaを使いはじめているので、ちょっとどんなものかと触ってみました。
ベースになるsynthという技術は、java1.5から導入されたものだそうです。



Syntheticaは下記のサイトからダウンロードできます。ユーザー登録しないといけないです。



Syntheticaを使うメリットは、Synthetica Features (Java Look and Feel)にいろいろ書かれています。

ちなみにライセンスには注意です。 商業利用するにはライセンスを購入しないといけないです。
Synthetica license

こんな感じ、よさが伝わりづらいですが....


以下、コード。
カスタマイズの仕方は、painterを用意して、synth.xmlを修正していく感じでしょうか。


import javax.swing.JButton;
import javax.swing.JFrame;
import javax.swing.JLabel;
import javax.swing.JPanel;
import javax.swing.JTextArea;
import javax.swing.JTextField;
import javax.swing.UIManager;

import de.javasoft.plaf.synthetica.SyntheticaBlackStarLookAndFeel;
import de.javasoft.plaf.synthetica.SyntheticaStandardLookAndFeel;

public class TestFrame {

public static void main(String[] args) {

lookAndFeel();

JPanel panel = new JPanel();
panel.add(new JLabel("日本語"));
panel.add(new JButton("test"));
panel.add(new JTextField("日本語テキスト"));
panel.add(new JTextArea("日本語テキスト 日本語テキスト 日本語テキスト"));

JFrame frame = new JFrame();
frame.getContentPane().add(panel);
frame.setDefaultCloseOperation(JFrame.EXIT_ON_CLOSE);
frame.setBounds(100, 100, 300, 500);
frame.setVisible(true);
}

static void lookAndFeel() {
UIManager.put("Synthetica.window.decoration", Boolean.TRUE);
try {
UIManager.setLookAndFeel(new SyntheticaBlackStarLookAndFeel());
// UIManager.setLookAndFeel(new SyntheticaStandardLookAndFeel());
} catch (Exception e) {
e.printStackTrace();
}
}
}
リアクション: 
synthetica 1913682394154293814

コメントを投稿

ホーム item

このブログを検索

Random Posts

Popular Posts

Labels

ADS