Loading...

手でセグエ(セグーと僕は呼ぶ)

またよくわからないタイトルですが、「手でセグエ(セグーと僕は呼ぶ) 」
xcodeでの実装メモです。

ストーリーボードでテーブルから次の詳細画面にいくさいに途中で、問い合わせダイアログみたいのをだしたいというわけです。その処理をどこで入れるのかというわけで、行選択時に表示したいわけですが、セグエが設定されている場合はそれを解除します。

デフォルトでできる動作だと行を選択で次の詳細画面にいってしまうので、それをストーリーボードでいったん切りにして、 代わりにmanualでpushできるようにします。そのときにstoryboard segueでidentifierを設定してあげます。
コード上で、そのidentifierを使ってperformしてあげるという流れになります。

UITableViewControllerに行を選択時の処理を実装していない場合は、 didSelectRowAtIndexPathを実装します。次の画面へいきたい場合は、

 [self performSegueWithIdentifier:@"showDetail" sender:self];
 してあげます。※ここでは、identifierをshowDetailとしています。





参考
リアクション: 
xcode 5141773019924066428

コメントを投稿

ホーム item

このブログを検索

Random Posts

Popular Posts

Labels

ADS