Loading...

いたいめにあうこと

「痛い目に合う」。
成長する絶好のチャンスなのかもしれない。
そうだとは思うのだけど、はたして、「痛い目に合う」がことが必要なのか。
何が言いたいかというと「痛い目も」、まあ、度合いだと思うわけなのだが、痛い目に合わないと成長できないのも悲しいかなと。本番環境にまちがってデプロイして、お客様に迷惑かけましたとか、まあ、これはいいすぎだけど、だから手順をしっかり確認して、注意しようね、とか悲しすぎる。。。書いたSQLが遅すぎて、おこられたとか、悲しすぎる。わざと彼ら、彼女ら痛い目に合わせて温かい目で見守ってあげるそれが親心か。。。なんかやだな。反省。
リアクション: 
メモ 4327583055244756260

コメントを投稿

ホーム item

このブログを検索

Random Posts

Popular Posts

Labels

ADS