Loading...

/dev/nullを読む

UNIXの部屋 コマンド検索:/dev/null (*BSD/Linux)
/dev/null - Wikipedia
スペシャルファイル - Wikipedia


/dev/null はビットバケツ (bit bucket)、ブラックホール (black hole)と呼ばれる何かです。
スペシャルファイルの一種だそうです。

ビットバケツという言い方をするとは知りませんでした。

それで、これを開いてreadしてみます。
以下、コード。

import java.io.File;
import java.io.FileInputStream;
import java.io.IOException;

public class Open_DEV_NULL {

public static void main(String[] args) throws IOException {
File file = new File("/dev/null");
System.out.println("/dev/null exists " + file.exists());
System.out.println("/dev/null length " + file.length());
FileInputStream fis = new FileInputStream(file);
byte[] bs = new byte[4096];
int size = fis.read(bs);
System.out.println("read size:[" + size + "]");
fis.close();
}

}


ちなみにreadは、
バッファーに読み込まれたバイトの合計数。または、ファイルの終わりに達したためにそれ以上データが存在しない場合は -1 javadoc


実行はmac osxです。

結果
/dev/null exists true
/dev/null exists 0
read size:[-1]



javaで開いて読めることがわかりました。中身はEOFというわけでした。
リアクション: 
ファイル 618349383194635841

コメントを投稿

ホーム item

このブログを検索

Random Posts

Popular Posts

Labels

ADS