Loading...

[delphi]フォームにドラッグアンドドロップ

Delphiです。Delphi2010を使ってます。

フォームにファイル(フォルダ)をドラッグアンドドロップ(drag and drop)可能にするためのコードです。

まず、DragAcceptFilesでウィンドウのハンドルを指定します。
するとドロップされたよというウィンドウメッセージが届きます。
そのメッセージをもとにDragQueryFileして、
いくつファイルがドロップされたのかとか、ファイル名がわかります。
そして、最後にDragFinishします。

ドラッグ&ドロップでファイル名を受け取る - Delphi Tips! - ファイル


コード
unit Unit1;

interface

uses
Windows, Messages, SysUtils, Variants, Classes, Graphics, Controls, Forms,
Dialogs, shellapi;

type
TForm1 = class(TForm)
procedure dropCode(Sender: TObject);
private
{ Private 宣言 }
procedure DropFiles(var msg: TWMDropFiles); message WM_DROPFILES;

public
{ Public 宣言 }
end;

var
Form1: TForm1;

implementation

{$R *.dfm}

procedure TForm1.dropCode(Sender: TObject);
begin
OutputDebugStringW('*** impli drop code');
DragAcceptFiles(Form1.Handle, True);
end;

procedure TForm1.DropFiles(var msg: TWMDropFiles);
var
FileName: array [0 .. 255] of Char;
total, i: Integer;
begin
total := DragQueryFile(msg.Drop, Cardinal(-1), nil, 0);
OutputDebugStringW(PwideChar(Format('*** total:%d', [total])));
for i := 0 to total - 1 do
begin
DragQueryFile(msg.Drop, i, FileName, SizeOf(FileName));
OutputDebugStringW(FileName);
end;
// ハンドルを解放
DragFinish(msg.Drop);
end;

end.
リアクション: 
delphi 6467805507632646763

コメントを投稿

ホーム item

このブログを検索

Random Posts

Popular Posts

Labels

ADS