Loading...

おらくる。基本レプリケーションにチャレンジです。その2

オラクルです。基本レプリケーションです。前回は、マテリアライズドViewで、手動リフレッシュだったので、今回は、自動でリフレッシュです。



まず、作成済みのマテビューの削除はこのSQLで。
DROP MATERIALIZED VIEW


作業の手順は、
(1)マスターサイトの対象となるテーブルにCREATE MATERIALIZED VIEW LOGします。
(2)レプリカサイトでCREATE MATERIALIZED VIEWします。
自動で更新されるか試し
(3)マスターサイトを更新
(4)レプリカサイトに反映されてるか調べます。

参考


(1)マスターサイト
CREATE MATERIALIZED VIEW LOG ON emp


(2)レプリカサイト
create materialized view MV_EMP
REFRESH FAST NEXT SYSDATE
as
select * from emp@orcl



(3)マスターサイト
insert into EMP values('3', 'softbank')


(4)レプリカサイト
select * from MV_EMP
リアクション: 
レプリケーション 3333515570779846053

コメントを投稿

ホーム item

このブログを検索

Random Posts

Popular Posts

Labels

ADS