Loading...

[delphi]ExtractFilePath(Application.ExeName)

勝手がわからないdelphi学習中です。

  • 自分自身(exe)の場所
  • イベントメソッドの追加の仕方

自分自身(exe)の位置は、
ExtractFilePath(Application.ExeName);

でわかります。

イベントでおこるprocedureのキックは、「オブジェクトインスペクタ」を使うのがよいようです。
IDEに作成してもらいそれにたいする実装を行うという感じですね。







unit Unit1;

interface

uses
Windows, Messages, SysUtils, Variants, Classes, Graphics, Controls, Forms,
Dialogs;

type
TForm1 = class(TForm)
procedure init(Sender: TObject);

private
{ Private 宣言 }
public
{ Public 宣言 }
end;

var
Form1: TForm1;

implementation

{$R *.dfm}

procedure TForm1.init(Sender: TObject);
var
U: UnicodeString;
begin
U := ExtractFilePath(Application.ExeName);
// ok
OutputDebugString(PChar(U));
end;

end.
リアクション: 
delphi 3594240924749284175

コメントを投稿

ホーム item

このブログを検索

Random Posts

Popular Posts

Labels

ADS